石川滋 J.S. バッハ 無伴奏チェロ組曲第1番,第2番,第3番

2011年7月13日リリース。好評発売中です。

サイン入りをご希望の方は、その旨お知らせください。 (サイン入りの場合、サインのためCDは開封されます。) 送料無料サービスを行っています。

ヨハン・セバスチャン・バッハ

無伴奏チェロ組曲第1番,第2番,第3番  

J.S.Bach(1685-1750)

Unaccompanied Cello Suites No.1,2,3 Performed on Doublebass

 

石川滋 (コントラバス)

Shigeru Ishikawa (Contrabass)

 

録音: 2010年4月25日~28日オランダ・ヴァルトヘアモント

Recorded April 25th to 28th, 2010Valthermond Concert Hall ,Netherland

 

¥2,571 (税込、送料無料 郵便による発送となります)

お支払方法: 銀行振込(振込手数料はお客様のご負担となります)

 

(日本国外への発送や郵便以外の手段で発送をご希望の場合は有料となります。別途ご相談ください。)

こちらからも購入可能です。

CD評

レコード芸術2012年1月号インタビュー掲載

"朗々と、この楽器の技術的困難を見事に克服した正確な音程で精密に、広くふかく歌われるバッハの愉悦。「頑張って弾いてます、ではダメなんです。そのハードルを越えるのが大切ですし、越えないと演奏した意味が無い」と笑顔の石川も自信を込めて言うとおり、今回の新録音はチャレンジの域を遥かに超えて、バッハの豊穣を味わう秀盤として実った。"

(レコード芸術2012年1月号インタビューより)

レコード芸術2011年9月号月評にて準特選

"コントラバスの上で、正確な音程を守り、敏速かつ的確な指さばき、弓さばきをもってバッハのすべてを表現しおおせることが、いかに難事であるか。ゲリー・カー以来、これを実現できたコントラベーシストがいなかったわけではない。が、このたびの石川滋に匹敵する見事さをもって、格別に高度な音楽性を失わない《無伴奏》を披露できる人は、他に求められぬのではなかろうか。"

(レコード芸術2011年9月号新譜月評より 濱田滋郎氏(推薦))

"石川は元フィリップスのエンジニア、エヴァレット・ポーターとがっぷり四つに組み、
ロケーションもオランダのコンサート・ホール。すばらしく鮮明な録音で、音量を上げて聴くと腹の底に重低音がずんずん響いて気持ちよい。石川のコントラバスの音色は温かくて輝きがある。"

(レコード芸術2011年9月号新譜月評より 那須田務氏(準推薦))

CDジャーナル9月号2011より

CDジャーナル9月号2011
CDジャーナル9月号2011

"原曲よりも低く深い音色によってゆったりと奏でられることで、豊潤な音楽が我々の身体のより奥深い部分で共鳴し、新たな感興をもたらす”

(CDジャーナル9月号2011)

読売新聞2011年8月18日夕刊より

読売新聞 2011年8月18日 夕刊
読売新聞 2011年8月18日 夕刊

"「高校の時、カザルスの無伴奏チェロ組曲の録音を聞いて感動しました。音楽が純粋。ぼくにとって神様です」。その音の感動をリレーする事を、使命として課している。"

(読売新聞 2011年8月18日 夕刊)