コントラバスのエクステンション(Cマシン、C装置)


E線側の指板を延長し、半音毎に最低音を固定できるカポをつけたタイプです。

 

  • 本体、カポともに黒檀の削り出しです。金属部分は真鍮製です。このタイプのエクステンションは、機械式のものに比べて軽いため、音への影響が少ないと言われています。
  • カポのベース部分の傾斜と適切な弦高設定により、カポの開閉は片手で行えます。弦を押さえてから閉める必要はありません。
  • スクロール部分を切り込むことはしていません。エクステンション本体は、スクロールに慎重にフィットされています。エクステンション本体をねじ止めするためのねじ穴は必要です。
  • 折り返したC-E線の取り回し方法はいくつかあります。スクロールに穴を開けて通す方法が最も一般的です。加えて、スクロールのサイドを迂回する方法や、エクステンション内部を通す方法があります。それぞれに特性かがあり、ご相談の上方法を選択しています。
  • カポの反対側はサムレスト(親指当て)となっており、エクステンション上のポジションでの運指を補助します。